ワキ脱毛して汗の悩みから解放されました

waki

 

私は、子供の頃から「わきが」があり、特に汗をかく夏になると、体育の時間などが悩みの種でした。
また、結構脇の部分が毛深くて、カミソリで剃っても綺麗にならず、ノースリーブは着られないし半袖でも腕を挙げることが出来ませんでした。

 

大人になって、自分で収入を得るようになったら、絶対脱毛するぞ!と決心していました。
そして、社会人になってウン年後、やっと念願の脱毛ができ、今では夏も怖くなくなりましたので、ご紹介したいと思います。

 

ちなみに、今のところ脱毛したのは脇だけです。
以前脱毛した知り合いから、良いお店を聞いていたので、私もそこで脱毛して貰うことにしました。

 

そこでは、ある程度面積がある箇所はレーザー脱毛を使う、とのことで、脇もレーザー脱毛でした。
事前のカウンセリングでわきがの悩みを相談すると、「脱毛すると大分悩みが軽くなるのではないか」とのこと。

 

脱毛が完了した暁には、長年の悩みから解放されるぞ!と、期待が膨らみました。
毛が生えるサイクルに合わせ、一定期間を空けながら少しずつ、でも完全にレーザーで脱毛していくので、全部完了するにはかなり時間が掛かりますとのことでしたが、どうしても脱毛したいのでお願いすることにしました。

 

ワキ脱毛した結果、臭いは?

 

それからは、数週間ごとにお店に通い、レーザーで根気よく脱毛を続けました。
毛は全てがいっぺんに生えている訳では無いので、そのとき脱毛可能な箇所にレーザーを照射しても、暫くするとレーザー照射に反応しなかった所から毛が生えてきます。

 

次は、これにレーザーをあて脱毛する、といった具合に、ある程度の時間を空けて、根気よく脱毛を繰り返していくのです。

 

初めのうちは、その日は脱毛できても、また生えてくるので、あまり効果が感じられなかったのですが、通ううちに段々脇の毛の生えてくる量が減っていき、脱毛できていることを実感しました。

 

結局、両脇を完全脱毛するのに2年近くかかりましたが、最後の方は、生えてくる毛もまばらで、ひょろっとした感じになっていて、あと少しで完了するぞ、と嬉しかったです。

 

さて、やっと完全脱毛したときには、自分の脇に毛が生えていないことが少し信じられませんでした。
それほど、この毛には悩まされていたし、コンプレックスの種だったのです。

 

そして、迎えた夏。
期待通り、汗をかいてもあの「臭い」がありません!

 

いや、正確には汗の臭いとかすかに「あれ」が臭うのですが、ほとんど気にならない程度になっていたのです。これは他の人にも確かめました(笑)。

 

汗をかく季節にはデオドラント剤が欠かせなかったのが、なくても全然平気です。(でも、身だしなみとして使ってますけどね)

 

脱毛してからもう数年経ちますが、その後毛が生えてくる兆しもなく(笑)、今では夏も全然怖くなくなりました。脱毛して本当に良かったなぁ、と感謝しています。